上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
‘ELF and multilingual practices in professional contexts’のWorkshopが終わったので、簡単に感想を書いておきます。

11月7-8日の2日にわたって、大学で私のAdvisorをしてくれているCogo主催のWorkshopが行われ、ELFとMultilingualをテーマに8人がプレゼンをしました。私も一線の研究者の末席に連なって発表をする機会をいただき、初めて、主催者側手伝いと、発表者の両役を経験しました。 

スポンサーサイト
9月4日から7日、ローマで開催された、ELF6のコンファレンスに行きました。
ELFはEnglish as a Lingua Franca、日本では国際共通語としての英語と訳されることが多いようです。

去年、イスタンブールで開かれたELF5は参加するだけでしたが、今回は初めて発表もしました。
私の発表については改めて書くとして、このコンファレンスで感じたことをいくつか。

ELFの学会は今年で6回目ですが、この学会が曲がり角に来ているのかもしれないという
感触がありました。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。